救命珪素がさらに飲みやすくなりました。

救命珪素が仕様変更されました。

更に飲みやすく、安全性がUPしました。

< 変更内容 >

PH   10~12 のアルカリ性 ・・・・・ 9~11 の弱アルカリ性

味・臭い   苦み・辛み・無臭   ・・・・・ 無味・無臭 飲みやすさUP

ナトリウム含有量  500―700㎎/100ml  ・・・・・ 200―300㎎/100ml

※珪素の含有量はそのままで、今まで以上に安心して

ご使用いただけるよう改良されました。

< 価格 >  変更ありません。通常通りに安価にお届けしています。

※従来品は在庫がなくなり次第、販売終了させて戴きます。

尚、即日に新製品をご要望の時は「新製品希望」と明記、又はお伝え下さい。

J3・アスルクラロ沼津のスポンサーになりました。

沼津市をホームタウンに、日本プロサッカーリーグ加盟し

J3で大活躍しているサッカークラブ「アスルクラロ沼津」の

スポンサーになりました。

スポンサー看板が、静岡県東部免許センター、愛鷹球場、

ホームグラウンド愛鷹行き富士急バスのバス停、

スポーツフィールド セレステの横にあります。

 

第32回 全県経営フォーラム 企業ブースにパネル展示

2018・11月7日(水) 会場:プラサヴェルテ

主催 静岡県中小企業化同友会 設営 沼津支部 第32回 全県経営フォーラム「人が生きる経営を実践し 地域社会の真の担い手になろう ~今こそ3つの目的の総合実践のとき~

11月6日(火)の富士山麓産学官金フォーラムへの出展に続き、今日は静岡県中小企業化同友会・第32回 全県経営フォーラムにパネル展示をしました。展示パネルは、ファルマバレー関係の専門技術者や研究者等向けの内容にしてありますので企業PRとしてはインパクトが弱かったと思いますが、経営革新事業としては壮大な計画の中で、自信を持って推進している一つの特許技術公開です。

展示パネル前に来て戴けた方は少なかったのですが精一杯説明をさせて戴きました。

 

2018富士山麓産学官金フォーラムに企業出展しました。

2018・11月6日(火)プラサヴェルデ 多目的ホール

主催:一般財団法人 ふじのくに医療城下町推進機構 ファルマバレーセンター 「富士山麓産学官金連携フォーラム」が開催されました。弊社は2年ぶりに企業展示に出展しました。ちょうど、百年炭蔵CFS製法の新たな最新技術資料をまとめていたところでしたので、早速出店の申し込みをしました。急遽、展示パネルやパンフレットの作成に追われ、皆様にご案内が出来なかっとことをお詫びいたします

出展のテーマは「国際特許:百年炭蔵CFS製法の公開―天日干しを凌ぐ、最新の解凍・乾燥技術」です。百年炭蔵CFS製法は、「おいしいだけでなく、良い食品」作りで、作り手と消費者を繋ぎ、日本のフードビジネスを世界に送り出します

又、百年炭蔵CFS製法は、酸化還元理論や発酵・熟成の新理論によって機能食品や良い食品生み出す無限のチカラを秘めています。すなはち、マイナス電荷粒子優位空気質空間と育成光線技術が、医・住・食を繋ぐ最新技術なのです。