4月21日熟成肉の「NIKU BAR イルターボロ富士インター店」OPEN!

中部地区人気第1位の熟成肉をメインメニューにした

「NIKU BAR イルターボロ 富士インター店」が4月21日にOPENしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「NIKU BAR イルタ―ボロ」さんでは、我社の特許熟成法

「百年炭蔵ADP製法」で熟成させています。

ヘルスコート代理店様には、既に体感されている

負電荷微粒子優位な空気質空間で熟成していますから、

「おいしだけじゃない」安心・安全な熟成方法です。

皆さん、是非、焼肉の京昌園さんに加えて、「NIKU BAR

イルターボロ」さんもご利用下さい。

ご利用の際には、一言「不二高の紹介です。」と。。。。

静岡のスゴ技企業データベース「しずテク」に掲載されました。

静岡ものづくり未来応援団WEBサイト「しずテク」に掲載されました。

日本国特許登録された、負電荷帯電微粒子優位な空気質の空間をつくる

「百年炭蔵」の収容庫や冷蔵庫で食材や食品を加工・製造する

世界に先駆けた食品作り、で企業PRしています。

炭蔵熟成肉がキング・オブ静岡肉2016で1位に成りました。

静岡新聞SBSアットエス

読者の投票で決まる「キング・オブ・静岡肉2016」

静岡ケンミンに愛されている肉料理の人気店で

静岡市呉服町の「Niku Bar イルターボロ」さんが、中部地区 1位に輝きました。

1位に輝いたのは、「プレミアム熟成牛Tボーンステーキ700g」です。

「Niku Bar イルターボロ」さんは、我社の百年炭蔵熟成庫P-eSPACEで

特許製法の炭蔵熟成肉を自社で加工しています。

人気投票1位ということは、リピートのお客様が多いということですから、

コンテスト向けにアレンジしたものでの評価でなく、普段の料理が美味しいということを

実証しています。牛肉の美味しさに影響を及ぼす要因に「柔らかさ」がありますが、

この柔らかさに、オレイン酸を含む融点の低い不飽和脂肪酸の比率が関係しています。

市場で販売されている熟成肉に比べ、百年炭蔵熟成庫で加工した炭蔵熟成肉は

この不飽和脂肪酸比率が格段に高くなっています。

食べた時の柔らかさはもちろんですが、冷めても柔らかいので、美味しさを

最後まで実感でますから、リピートのお客様が多くなるのは当たり前ですね。

 

予防医学X建築としての革命的な前進を起こした近未来住宅

不二高㈱・ヘルスケア快適空間創造技術研究室からのレポートです。

不二高㈱が研究開発・販売促進を進めてきた負電荷開発装置「エア・メディック」

を搭載した、負電荷微粒子優位空気質に空気デザインした住まい「セレブリース・

4D・スタイル」の実生活における「人」の免疫活性に対する長期臨床試験の結果、

NK細胞の細胞障害性(ウィルスや癌細胞に対する免疫機能)が増強することが

川崎医科大学プロジェクトチームとの産学共同研究により実証されました。

戦後の第一次ベビーブームの私を含む後期高齢者の介護の時代への突入、又様々な

要因による未病人口増加への対策も待った無しです。負電荷微粒子優位な空気質空間、

すなわち「エア・メディック」で空気質を改善するだけ(0エネルギー)で免疫力を

活性化出来る、この建築システムこそ、待ちに待った近未来住宅だと考えます。

2月4日に沼津市プラサヴェルデで開催された「富士山麓産学官金フォーラム2016」

にパネル展示で出展し、研究成果を発表しました。

 

「百年炭蔵」ADP製法が特許登録されました。

かねてより、特許公開中の「百年炭蔵」ADP製法が

特許登録され、特許証が届きました。

 

 

 

 

 

 

木炭塗料を塗布した面電極に負電圧を印加して、負電荷優位な空気質の

空間を作る収容庫の形成方法とこの負電荷優位な空気質の空間を用いて

食品又は食材の製造又は加工方法は、私の特許権に抵触することになりました。

農業・水産業とフード・ビジネスにとって、TPPという荒波を乗り越える

為に、機能性食品の創出事業に取り組み始めています。

この負電荷優位な空気質という、機能空間を積極的に応用して、まだ

世の中に出ていない機能食品にチャレンジしてみませんか?